家具の断捨離 ~その2 ダブルベッドを処分~

家具の断捨離のその2です。

写真が無いので、記憶で描いてみました。

結婚をするときに、ダブルベッドを購入しました。

もともと、実家でもベッドを使用していたので、ベットのある生活が長かったです。

いつでも眠れるその快適な所が好きでした。

なので、結婚をする時に、ダブルベットを購入していました。

しかし・・・新婚生活が始まってから改めて気づいたことがあります。

私は、眠りが浅くて、人と一緒に同じ布団で熟睡できない

相手が寝返りしたりすると、起きてしまうんです・・・

それで、ベッドの横に布団を一枚敷いて、『一人に一枚』のスタイルで眠るようになりました。

数年経ち、息子が産まれても、同じ布団で眠ると熟睡できませんでした。

赤ちゃんの時から、息子が眠ったら、私はそっと隣の布団に移っていました。

また、ベッドの一部はすのこだったので、ベッドにダブルサイズの布団を敷いていました。

ダブルサイズの布団を干したり、カバーを洗濯したり、カバーをつけることも面倒で、大変でした。

「ベッドを処分したいな」と思うようになる

ベッドは、ただでさえ場所を取るのに、ダブルベッドは部屋を占領します。

処分する前の数年は、夫がそのベットで寝ていました。

最初は、夫に反対されていたのですが、何度かお願いするうちに、夫も処分することに賛成してくれました。

ベッドは解体して、市のクリンセンターに持って行き、処分しました。

ダブルサイズの敷布団、掛布団も処分しました。

大きなものは、処分するのも大変。

ゴミの日に出せないものは、ついつい後回しにしてしまいがちです。

ベッドも、「処分したい」と思ってから、実際に処分するまで2年くらいかかったと思います。

これからは、大きい物を買うときは、よく考えないといけないな、(いや、そもそも大きいものは買わないようにしたい!)と感じました。

処分したら、部屋がスッキリ。気持ちもスッキリ!

夫と、「この部屋、こんなに広かったんだね~」と話しました。

床がたくさん見えるのって、幸せです。

物を減らして、家の床面積をもっと増やしたい!!

ベッドを処分して、マットレスを購入して、マットレス生活になりました。

大きな布団の管理からも解放されて、楽になりました。(これが一番うれしいかも)

リラックスできる家にしたい。

楽(身軽)に、楽しく、自分らしく、生きていきたいな、と思います。


にほんブログ村


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする