ブラーバを購入 メリットとデメリット

昨日の、ルンバを買いに行ったら、ブラーバも欲しくなってしまった記事の続きです。

ブラーバを購入、メリットは?

1~2日悩んだ結果、家電量販店でブラーバジェットを買いに行きました。

自宅に帰り、まずバッテリーを充電します。2時間ほどで充電完了です。

その間に、ブラーバをかけたい部屋に、ルンバをかけ、床のゴミやほこりを取り除きます。

そして、充電が終わったブラーバの本体に水を入れ、パットを装着(本体を購入した時に、数枚使い捨てのパットがついてきます)部屋の隅に置き、スタートボタンを押しました。

 ここに水を入れます。

スタート音が鳴り、ブラーバが動き出します。

タンクに入れた水を少しずつ噴射しながら、床をふいてくれます。

音はしますが、ルンバと比べるとかなり小さいです。

第一印象、動きが・・・かわいいな、と思いました。

部屋の大きさにもよりますが、1時間程度かけて、一部屋を水拭きしてくれます。

ブラーバでどの程度の汚れが取れるか

こちらは、洗濯可能なクリーニングパットです(多分、すでに15回以上は洗濯しています)

6畳程度の部屋と、廊下を掃除しました(ブラーバは水拭きの場合、一度に12畳~15畳掃除できます)

掃除後のパッドです。

結構な床の汚れが取れています。(我が家で一番砂ぼこりが入りやすい部屋を掃除しました)

ブラーバが掃除してくれた後のフローリングは、さらっとしていて、気持ちがいいです。

トイレの隙間も、バッチリです。

小さいので、キッチンの無印良品の引き出しに収納しています。

ブラーバのデメリットは?

床が結構ベタベタになる

ブラーバが掃除終了した後の部屋は、床が結構ベタベタなのです。

たとえるなら、水をしっかりしぼってない雑巾で床をふいたような感じ。

床に水の跡が残っています。

掃除後、30分もすればだいたい乾きます。

なので、ブラーバをかける時は、しばらくその部屋に入れません。

ブラーバをかけるタイミングが難しい

ルンバをかけてからブラーバをかけたいので、まず、ルンバをかける時間が1時間弱必要。

その後、ブラーバ1時間、部屋が乾くまで30分。

一番、ブラーバをかけたいのはリビングなんですが、リビングって、たいてい誰かがいます。

休日に、家族がいる中で、リビングにブラーバをかけることは、まずできません。床がベタベタになって、歩けないからです。

なので、ブラーバをリビングにかける時は、

1.休日で、夫と子供が2時間以上出かけている時

2.平日の私だけしか家におらず、私がリビングを2時間程度は離れられる時

になります。

1の、休日に夫と子供が2時間以上出かけていて、私が家で家事を出来ることは、たまにしかないので、なかなかチャンスがありません。

2は、私の仕事が休みの時で、リビングをしばらく離れれる時に、かけることができます。

ブラーバは、取扱説明書に「週に1回は使用してください(機械を動かしてください)」ということが書いてありましたが、現状、週1も使えていないです。2週に1度使ってるかどうか、でしょうか。

我が家のブラーバはちょっとおバカちゃん(不良品)?

ブラーバは、拭き掃除が完了すると、清掃をスタートした地点に戻って自動的に電源をオフにする機能がついているらしいのですが、我が家のブラーバは、終了時にスタート地点に戻っていない時が度々あります。

スタート地点とは反対の部屋の隅にいたり、家具の下にいたり、様々です。

掃除が終わって、「いない!!」と探すことが時々ありますが、部屋のどこかにはいるので、10秒も探せば見つかります。

また、ブラーバは、掃除が終わっても、濡れたモップがついたまま、そのまま床に置いたままの状態にあるので、長時間留守にする時はかけたくないです。

仕事に行く前にかけれないのが残念ですね。

ちなみに、使用後のクリーニングパットは、手洗いしていますが、それほど手間には感じていません。

我が家は、ルンバは必需品だけど、ブラーバは贅沢品だったかな

ルンバは、日々大活躍してくれています。

壊れたら、また購入するでしょう。

でも、ブラーバは、正直、もう買わないだろうな~と思います。

床を水拭きしてくれるのはありがたいのですが、使い勝手が悪いなと思います。

でも、もっと家の物が減って、掃除までのハードルが下がれば、ブラーバも活躍してくれるかもしれません。

これからは素足で過ごすと気持ちい季節になるので、週に1回はブラーバを使えるようになりたいなと思います。

ちなみに、息子は、「ブラーバって言いにくいから、名前つける!」!と言い、我が家のブラーバは「さえちゃん」(息子が命名)と呼ばれています。

「ルンバ」は言いやすいようで、「ルンバ」のままです。

息子曰く、「ルンバは男の子」「さえちゃん(ブラーバ)は女の子」だそうです。

ブラーバは見た目も白くてかわいいですもんね。

我が家では、ブラーバを動かしてると、

「お母さん、さえちゃん、がんばってるね~」

「さえちゃん終わったよー」

と息子が色々教えてくれます。


にほんブログ村


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする