沖縄の穴場ビーチ「ゴリラチョップ」で魚と一緒に泳ぐ

沖縄3日目にとても素敵なビーチに行くことができました。魚と一緒に泳げる穴場のビーチです。小学生の息子も大興奮で、子供も大人も楽しめました。

3泊目は「ホテルマハイナウエルネスリゾートオキナワ」に宿泊でした。このホテルに決めたのは、美ら海水族館のそばだったこと。ホテルの詳細はあまり調べていなかったんです。ホテルにプライベートビーチがあれば、そこで泳ごうと思って、少し早めの時間にホテルに到着しました。

が、ホテルには、プールはありましたが、ビーチはありませんでした。

そこで、フロントの方に、「この近くの海で泳ぎたいんですが、どこに行くのがいいですか?」と聞いてみたところ、「私も休日に泳ぎに行く、とてもいいビーチがありますよ」と、とても素敵な穴場のビーチを紹介していただきました。

「ゴリラチョップ」というビーチ

なぜ、「ゴリラチョップ」と言うのかというと、ゴリラがチョップしているように見える、大きな「岩」があるからです。(写真は撮ってないのでイラストです)

ホテルの方が地図を書いてくださったので、レンタカーで向かいました。目安として、美ら海水族館から車で15分ほどの距離にあります。

少し分かりづらかったのですが、本部循環線449号線を走っていると、海側に白い新しい建物が見えます。この建物は、トイレ・シャワー・更衣室があり、とてもきれいです。駐車場は無料です。

私たちはもう水着に着替えていたので、さっそく海へ向かいます。

5月の平日ということもあり、海には私たち以外には3組くらいしかいませんでした。

海は抜群の透明度で、サンゴがたくさん見えます。サンゴをふまないように気を付けながら、海に入って行きます。

なまこもたくさん海底にいて、ふまないように気を付けながら歩きます。

シュノーケルスポットで魚がたくさん!

ここはシュノーケルスポットとしても人気で、たくさんの魚を見ることができます。

海に入ってすぐの深さが1mくらいの足が着くような場所でも、たくさんの魚を見ることができるんです。

1cmくらいの、青いかわいい熱帯魚とか、白地にピンクの水玉模様の魚とか、20cmくらいの魚とか・・・たくさんの、カラフルで可愛い魚を見ることができました。

「泳ぐ」というより、「魚ウォッチング」になりましたが、とても楽しく、時間があっと言う間に過ぎていきました。

水族館にいるような気持ちになりました。実は、この後、美ら海水族館に行く予定だったのですが「たくさん魚を見たから、行かなくていいかもね」なんて話していました。(結局、行きましたが・笑)

2時間ほど海を楽しみました。

シャワー・更衣室もあります

きれいなシャワールームです。

平日だったので、誰もいませんでした。

シャワーは1回100円で3分です。

100円玉のみ使用できました。

シャワーの利用は15:30までと、少し早いです。(閉園は16:00)

シャワーの横に棚もあり、ここで着替えることができます。

まとめ

「沖縄の海で泳ぎたい」と漠然と思っていただけだったのですが、思いがけず魚をたくさん見ることができました。

教えていただいたホテルのフロントの方に感謝です。

大人も小学生くらいの子供も楽しめるので、ぜひ行ってみてくださいね。

ゴリラチョップに行く時にあると良いもの

  1. ライフジャケット
  2. アクアシューズ

①ライフジャケット

特に子供はあると良いと思います。浮き輪だけだと少し心配でした。ライフジャケットがあれば、体力を消耗せずに泳ぐことができます。

②アクアシューズ(マリンシューズ)

私たちはビーチサンダルしか持っていませんでした。なので、ビーチサンダルはビーチで脱いで、裸足で海に入りました。

ゴリラチョップは、サンゴのかけらが落ちていたりするので、素足で歩くと結構痛いです。気をつけて歩いていても踏んでしまい、私は足に3~4カ所、切り傷を作ってしまいました。(夫と息子は大丈夫だったようですが)次回は必ずアクアシューズを買って、持って行こうと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする