ミョウガ料理を3つ紹介 庭で採れたミョウガの消費レシピ

庭で1㎡ほどのスペースで、ミョウガを育てています。7月~8月はミョウガがたくさん収穫できます。
先日は46個も収穫できました。
「ミョウガって、薬味でしょ?冷ややっこにかけたり、そうめんに入れたりする位しか食べる方法って無いんじゃない?」と思っていた私。
でも、それ以外にもたくさんの美味しいミョウガレシピがあることを、ミョウガ栽培を始めてから知りました。
今回は、我が家のみょうがのレシピをご紹介したいと思います。

1、山形のだし

山形の郷土料理です。ミョウガが採れる夏はたくさん作ります。さっぱりしていて、食欲が落ちる夏にはぴったりです。
材料…ナス1本、きゅうり2本、オクラ1パック、シソ10枚くらい、ミョウガ3個くらい、小口ネギ(あれば)2~3本
味付け…めんつゆ(2倍濃縮)・しょうゆ各大さじ2 塩ふき昆布大さじ山盛り2杯くらい
作り方
  1. ナスときゅうりは1cm角くらいにカットする。(細かい方が好きな方はもっと小さくしてください。)塩水(水1ℓに塩小さじ1くらい)に少しさらして、あく抜きをしてから、水気はしっかり切っておく。
  2. おくらはさっとゆでて、5mmくらいの輪切りにする。
  3. ネギ、シソ、ミョウガは薄くスライスする
  4. カットした材料全てを容器に入れて、めんつゆ、しょうゆを回しかけ、塩ふき昆布も入れて混ぜる。
冷蔵庫に入れて1~2時間は冷やすと味がなじみます。
薄ければ、めんつゆ追加してください。
食べる時に白ごまやかつおぶしをかけてもおいしいです。
私は1cmくらいに刻んでしまいますが、4~5mmに刻んだ方が食べやすいです。
  • そのまま食べるのもおいしい
  • お豆腐にかけて食べるのもおすすめ
  • そうめんやひやむぎに入れて食べるのもおすすめ
  • 長いもを1cm角にカットして、めんつゆを足して、サラダに。

2、豚バラ巻き

ミョウガって、豚バラとも相性が良いです。
子供にも食べやすいメニューで、よく作ります。
材料豚バラ12枚 ちくわ3本 しそ12枚 ミョウガ6個くらい
味付け塩・コショウ適量  醤油・みりん各大さじ2 砂糖大さじ1
作り方
  1. ミョウガは縦にスライスする。(もしくは半割でも大丈夫です。スライスした方が子供は食べやすいです)
  2. ちくわは縦に4つに切る。
  3. 豚バラを広げ、軽く塩コショウする。
  4. その上にしそ、ちくわを乗せ、ミョウガものせていく。
  5. 端からくるくる巻いていく。
  6. 閉じ目を下にして、フライパンで焼く。蓋をして、ひっくり返して両面を焼く
  7. 肉に火が通ったら、出てきた脂をクッキングペーパーで吸い取る。
  8. 砂糖、みりん、しょうゆを入れて、からませたら出来上がり

3、ミョウガの甘酢漬け

そのままだとあまり日持ちしないミョウガも、甘酢漬けにすると1か月ほど保存可能です。
材料ミョウガ5個くらい
甘酢砂糖大さじ2 酢 各大さじ3 塩小さじ2分の1 (甘さはお好みで調節してください)
作り方
  1. ミョウガはきれいに洗って、半割にする
  2. ミョウガをさっと塩水で茹でる
  3. ざるに上げ、水気を切り、小さくカットする(大きいままが良ければ、そのままで)
  4. ビンなどの保存容器に、甘酢の材料を入れて混ぜ、切ったミョウガを入れて混ぜる
冷蔵庫で1か月ほど保存できます。
  • このミョウガの甘酢に、オリーブオイルを混ぜて「ミョウガドレッシング」にするのもおすすめ
  • ご飯に混ぜて、酢飯にするのもおいしい


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする