質の良い旅行とは? 家族全員が楽しめる旅行を考える 

5月に沖縄旅行へ行ってきました。

少しの間、断捨離記事はお休みして、記憶の新しいうちに沖縄の旅行のことを書きたいと思います。

我が家の旅行についての考え方

旅行は好きなのですが、お金もかかるし、そう頻繁には行けません。

特に、息子が産まれてからは、年に1~2回、近場(車で片道2~3時間程度で行ける距離)の1泊旅行をしていました。

それはそれで楽しいのですが、満足感が足りないことに1年ほど前に気づきます。

なぜ満足感が足りないのか

そもそも、自分の行きたい場所では無い

車で片道2~3時間程度で行ける距離で、1泊という条件があるので、行ける地域が限られてきます。「行きたい場所」というより、「行ける場所」という選択になってしまいます。

1泊2日なので、あっという間に終わってしまう

朝早めに出発しますが、目的地に付くのはお昼頃。

そこから観光し、泊まって、翌朝少し観光したら帰路へ。

慌ただしくて、全然ゆっくりできません。

主婦にとって、旅行は料理を作らなくていいし、家事から解放される嬉しさはあります。

でも、1泊2日だと、旅行自体はあっと言う間に終わってしまい、旅行の準備と片付けにぐったりしてしまいます。

旅行に行っても、息子は満足していなかった

息子も、4~5歳になると、テレビを見たりして「ここに行きたい」と言うことが増えてきました。

たいていは飛行機で行くような距離(北海道だったり、沖縄だったり、ディズニーランドだったり、海外だったり)です。(あ、ディズニーランドなら、新幹線で行けます)

今までは

「遠いから、なかなか行けないよ」

「いつか行こうね」

と言っていました。

息子が2歳の時に、2泊3日の北海道旅行をしたことがあるのですが、2歳なので、当然息子は覚えてないんですよね。

息子は今小学校3年ですが、2歳以降、沖縄に行くまで、飛行機に乗ったことはありませんでした。

そして、近場に1泊で旅行した直後でも「お母さん、○○に旅行に行きたい」とか言うわけです。

こっちとしては「こないだ旅行行ったばっかりなのに!そんなしょっちゅう行けないよ」と思います。

でも、そんな息子の言葉を聞いて、「本当に行きたい所に連れて行ってあげたい」と思うようになります。

年に1~2回、近場に旅行に行くよりも、2年に1度でいいから、遠くへ旅行へ行きたい

息子の言葉を聞いて、自分自身も近場の旅行じゃ満足できないことに気づきました。

そして、夫に「これからは近場の1泊旅行をやめて、2年に1回くらい、遠くへ旅行行こうよ」と提案したところ、夫も賛成してくれました。

まずは、息子の願いを叶えてあげたい。

色んなところに行きたいという息子ですが、

「一番行きたいところはどこ?」

と聞くと

「沖縄」

という答えでした。

そうして、久しぶりの旅行は沖縄に決定です。

沖縄旅行へ行くために

沖縄旅行へ行こうと決めたのは、1年ほど前でした。

その頃、家計を色々見直していた時期でもありました。

沖縄旅行、3人の旅費・・・3泊で20万くらいかかるかな?と考えます。

沖縄旅行となると、3泊くらいはしたいなと思いました。

私は、沖縄旅行は初ではありませんが、前回2泊で行った時はあっという間に感じました。「次行くなら3泊したい」という気持ちがありました。

息子2歳の時の北海道の旅行は、息子の分は飛行機代もホテル代もかからないので、大人2人分の旅費で行けましたが、もう小学生。息子も一人前に旅費がかかります。

旅行用の積立てをする

一度に20万かかるのは大きいので、旅行用の積み立てを毎月5000円することにしました。

我が家の家計簿は、ファイルでざっくり分けているのですが、そこに、「沖縄旅行用積立て」という項目を作り、毎月5000円ずつ入れていきます。

毎月5000円×2年=12万 なので、2年積み立てても20万にはならないのですが、毎月1万積み立てるのは厳しいなと思ったので、5000円にしました。

基本は毎月5000円ですが、臨時収入があった時に追加で入れることもありました。

また、毎月のレジャー費が余ると、旅行用積み立ての中に加えて、少しずつ増えていきました。

旅行用の積み立てをした期間は、1年くらいでしたが、10万ほどの旅行費用を貯めることができました。

この積立てを旅行費用の一部に充てれたので、一気に家計からお金が減るよりは痛手は少なかったと思います。

(次回は目標金額まで貯めてから、旅行へ行くつもりです)

目標の20万までは行きませんでしたが、今年、夫も仕事の休みが取れそうだったので、行くことにしました。

次回は旅行のプランについて書きたいと思います。


にほんブログ村

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする